hv_logo1.jpg

当社は新潟県内で新築住宅、リフォーム
設計・施工をしています。木造建築の設計から
施工まで一貫して行なっております。

0607top_tel.jpg

HOME > コンセプト > 平屋のメリット・デメリットまとめてみました

2013.05.13

すべてにムダのない平屋3.jpg

近頃「平屋を建てたい」とのお問い合わせを受けることが多くなりました。
年齢に関係なく、これからの人生を考えて、平屋に魅力を感じる方が増えてきたようです。

そこで平屋のメリット・デメリットを少しまとめてみました。
すべてにムダのない平屋 図.png

【平屋のメリットとは?】

1.移動が楽
当たり前でしょ!と思われるかもしれませんが、実際に歩き比べてみると、移動の
しやすさに驚きます。まず、掃除がとても楽。階段を掃除機を持って上り下りするのは
手間ですからね。老若男女関係なく、移動のしやすさというのはメリットです。

2.風通しが良い
2階がある家では、1階と2階で空気の循環がされづらいことがありますが、
平屋の場合は窓を開けると風が家全体にいきわたります。

3.家族のコミュニケーションが円滑になる
ワンフロアーなので、家で孤立する場所がなく、家族が自然とリビングに集まり
やすくなります。小さなお子様も様子がわかるので安心。

4.スペースが有効活用できる
階段がないのでその分間取りをコンパクトにしたり、収納を増やすことができます。
家族構成や暮らし方によっては、2階を作っても将来上がらなくなることもありますので
ムダなスペースを作らずにすむことになります。

5.構造的な危険が少ない
高さが低いため、2階建てに比べて構造的に強く、台風・地震時にも危険が少なくなります。

6.メンテナンスしやすい
外壁などのメンテナンス時に足場が必要ないので2階建てに比べて安く済みます。
また短い梯子で簡単に屋根に上がることができます。


【平屋のデメリットは?】

1.ある程度の土地の広さが必要
これも当然ではありますが、ある程度の広さは必要です。
ただ設計次第で建てることは可能ですので、「この土地の広さでできる?」など
ご相談していただけると良いと思います。

2.防犯対策が重要
2階建てももちろん必要ですが、平屋の場合は防犯がなされていなければ大変危険です。
洗濯物を外に干したり、寝るときに窓を開けるなどの行為は犯罪にあってしまうかもしれません。
洗濯物は自分が家にいるときのみ外で、窓は開けるならば音が鳴る防犯グッズを活用する
ことを考えましょう。

3.面積が大きくなりがち
平屋で部屋数や収納を確保しようと思うと、どんどん面積が大きくなって、予算も膨らむ・・・
ということがあり得ます。なんでも取り入れるのでなく、自分たちの生活にどのくらいの
どんなスペースが必要なのか、持ち物の中でいらないものは無いか、など家づくりの前に
しっかりと考えるといいでしょう。

4.プライベートな空間が確保しにくい
メリットでありデメリットでもありますが、1つのフロアしかないので必然的に家族と顔を合わせる
機会が多くなります。どうしても一人になれるスペースが欲しい場合は、あらかじめ設計に取り入れて
おく方が良いかもしれません。


【まとめ】

こうして考えると、平屋は、家事・コミュニケーション・安全性・室内環境・省スペース・コスト削減、
すべての面においてメリットのある、ムダのないつくりと言えます。

どんな家を建てるにしても、メリットデメリットは必ずあります。
そこを事前に理解して、上手に付き合っていけるならば、自分にとって心地よい暮らしができそうです。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます↓